霊障医学・幽幻医学・龍神医学

幻覚妄想は日本中どこでも統合失調症と診断されます。
幻覚妄想の内容と患者さんを波動量子医学的にしっかりと診ると、過去生や平行次元がらみの霊障病だったり、宇宙人病だったり、宇宙意識や神意識とのコンタクトだったり・・・急増しています。
 
軽度の幻覚妄想は1回の治療で治りますが、

 ・長期間(数年〜数十年)
・中度(社会生活に支障がある)〜重度(寝たきりや引きこもり)
・精神科のクスリ漬け
・喫煙や過食
 このような方々は何度も治療を繰り返す必要があります。

 
治療には、本気:根気と時間とお金がかかります。
 
朝の清気に満ちた8時開始がベストです。
軽度~中度の霊障病・幽幻病・宇宙人病は華佗診で治療します。
重度の霊障病・幽幻病(統合失調症など)・宇宙人病は「光の前世療法」での治療を要します。